オトさが
2021年05月15日(土)
 オトさが

【音源発掘 vol.39】Applicat Spectra『スペクタクル オーケストラ』

邦楽
洋楽
環境・文化
オーディオ
その他
新着ニュース30件






























【音源発掘 vol.39】Applicat Spectra『スペクタクル オーケストラ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年リリース

ドラマティックとファンタジー、両方を兼ね備えたバンド。このアルバムを聴いたときの第一印象だ。地上波の朝の情報番組でも紹介されるなど、バンド・メンバーそれぞれが2つ以上の楽器をこなすことが話題となっているが、彼らの真骨頂はその個性的な曲の幻想性にある。

applicat

(画像はAmazonより)

音源で確認できるバンド・アンサンブルは、ドラマティックで爆発力がある。そこにファンタジーをプラスしているのは、メロディーだ。メロディーを担当するのはヴォーカルであり、ナカノシンイチの声そのものも幻想性がある。メロディーはほぼ一貫したスピードを維持しているのに対し、バンド・アンサンブルは効果的に緩急をつけている。メロディーを軸に据え、アンサンブルで波を作る。特に優しく、時に荒波のように姿を変え、波の上をサーフィンのように捌くヴォーカル。この関係性はライヴにも顕著に表れる。



先日行われたSAKAE SP-RING 2012でのライヴは、これまでのフロアの反応とは明らかに違っていた。彼らの持つドラマティック性、幻想性、爆発力が、フロアにまっすぐ突き刺さった瞬間を、当日の観客だけが知っている。

(松本 良太)

収録曲

1. セントエルモ
2. 神様のすみか
3. クロックワイズ
4. ねこと笑うノスタルジア
5. イミテーションブルー
6. -Interlude-
7. イロドリの種

外部リンク

Applicat Spectra
Amazon.co.jp : applicat に関連する商品
  • ギタリストの祭典 LIVE 六弦心 in TOKYO 2013”ROCK DAY レポート・後半(10月23日)
  • ギタリストの祭典 LIVE 六弦心 in TOKYO 2013”ROCK DAY レポート・前半(10月16日)
  • DJ KENTAROを中心にスタートした音楽フェスBASSCAMPが本日開催!(8月17日)
  • 今週末、開催!FUJI ROCK FESTIVAL'13(7月22日)
  • D_Drive 東京・名古屋 ワンマンライブ決定!!(7月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->